日本上げの風潮かあるので、下げてみた!海外から見た日本のダメなところ

 こんにちは。くるみ@tabijyoshi_comです。

 今日本では、外国人が「日本はすごい!」と褒めちぎる番組や書籍が出回っていると聞いています。

 確かに海外に長くいると、日本をほめてもらえることが多く、日本人であることをとても誇りに思います。と同時に、海外から見る日本の欠点なんかも見えてきます。

 今回は、私が思う海外から見た日本のダメなところをお話ししたいと思います。

家族や恋人との時間をあまり取らない

 これは、日本人というよりアジア人の特徴なんですが、仕事を言い訳に家族や恋人と時間を取ろうとしない人が多すぎると思います。

 欧米では、家で奥さんや彼女が待っているのに、男同士の付き合い等で飲みに行くということはまずありません結婚したり、真剣に付き合っている人ができれば、仕事が終わればすぐに直帰します。ものすごく仕事が忙しいワーカーホリックな人でも、メールをこまめにしたり、花束を贈ったり、あなたをのことをきちんと考えていますよというアピールを欠かしません。

 また、日本人ならマザコンと思うほどお母さんを大事にします。どんな年齢の人でもこまめに連絡をしています。日本以外のアジアでもお母さんを大事にしていると思います。

男の人がびっくりするほど育児・家事に参加しない

 日本では、「イクメンという言葉が流行っているそうですね。この言葉おかしいというかかなり問題があると思うのですが、日本のテレビや書籍で普通で使われているというのがショックです。というのも、男の人が育児をするのって普通のことで、「あそこの旦那さんは育児を手伝って偉い」みたいに褒められるものではないと思うのです。自分の子を育てているのに、「手伝う」とか「すごい」とか変ではないですか?当たり前にすべきことです。

 この記事が、同じ様なことを詳しく書かれているので、時間がある方はご覧になって下さい。

結婚しても男が「イクメン」や「カジメン」に絶対になってはならない理由 – 天狼院書店
http://tenro-in.com/lab/writing/9554

 欧米・南米では、男の人が普通に一人でベビーカーを押していたり、公園に遊びに連れて行っている光景がよく見られます。女の人が外に出て働いていることが多いので、男の人ももちろん育児をする必要があります。というか、気の強い外国人女性に「育児を手伝う」なんて表現を使ったら大げんかになること間違いなしです。アジアでも、両親ともにが大都市に出稼ぎに出るということも珍しくないので、おじいさんが子育てをしていたりします。

女の子の専業主婦思考が以上に高い

 日本人の女の子って驚くほど、結婚後は男の人に養ってもらうという考えをしている人が多いです。私の友人の半分以上は、実際に専業主婦あるいは専業主婦になりたいと思っていると思います。女の子で手に職をつけようとかキャリアを形成しようという人が極端に少ないなと思います。私が東京で会社勤めをしていた時も、事務職の子達はほぼ寿退社あるいは妊娠時に退社してました。

 では、海外の場合だと欧米諸国では離婚率やシングルマザー率がものすごく高いので、女の人が働かないという選択肢はあまりないです。アジアや南米諸国では、貧しいので女の人も働きます。なので、海外では女の人も働かざるを得ないとも言えます。

 女の人が働かなくて良いという選択肢があるという点では日本は本当に恵まれているともいます。でも、日本の女性の社会進出が進まないのは、育児制度の問題もあるかもしれませんが、ここら辺の女の人の意識と男性の家事・育児に対する態度が大きいのかなと思います。

人種差別について鈍感

 日本人は、無意識の人種差別をしていることが多いと思います。

 これはニューズウィークの日本での差別を扱った記事です。

Japan’s Problem With Race
http://www.newsweek.com/why-does-no-one-care-japanese-are-openly-racist-364129

 ミスユニバース日本代表となったハーフの宮本エリアナさんのソーシャル・メディアでの取り扱いももいろクローバーZの黒塗りメイク日本の人種差別として扱っています。

 日本人が外国人と口にする時は、欧米の白人を意味していることも多々あると思います。外国人と接する機会が極端に少なく、知識も乏しいというのが大きな原因でしょうか。「故意でない人種差別」というのが外国にある人種差別と違い難しいところです。

ものを大切にしない

 日本の中古車が、世界中で使われているのは有名な話だと思います。

Unknown-1こんな感じです。

 アジアの貧困層・中流層の人たちは、日本人の古着を着ています。日本の学校の体操服がアジアで売られていたりします。

 他の先進諸国でも、すっごい古い車が未だに走っています携帯電話や電化製品も長く使っている人が多いです。おばあちゃんやおかあさんからもらったバックや靴、鏡やくしなどを大切に使っています。良いものを代々長く大事に使うという考えを持っている人が多いです。

 日本は本当に安くて良い物が手軽に手に入るとても便利な国です。その分不必要な物を買ったり、使えるのにすぐに買い替えるということがものすごく多いと思います。

良いサービスを受けた時の感謝気持ちがかけていることが多い

 日本のサービスは世界で群を抜いてものすごい良いです。滝川クリステルさんのオリンピック誘致でのプレゼン「お・も・て・な・し」は、全くその通りだと思います。

 でも、逆にいうと日本人はその良い日本のサービスに馴れてしまって、店員さんやウェイターさんに対する「ありがとう」の気持ちがかけていることが多いと思います。これも日本人だけでなくアジア人もなのですが、お金を払っているのだからという気持ちがすごく強いです。だから、「ありがとう」は言わないけど、ミスにはすごく厳しいです。

 欧米・南米で、日本の様な良いサービスをを受けた場合は必ず「ありがとう」を伝えます。場合によってはマネージャーを呼んで、マネージャーにも伝えることもあります。

普通を気にしすぎる

 こんなに世間の目や普通を気にしている国はないと言えます。私もやはり日本で生まれ育ったので、5年も海外にいても周りを必要以上に気にしてしまいます。

 それが、日本人の良いマナーや気遣いにもつながっているので良い面もあります。

 でも、子どもが泣いている時にすごく周囲を気遣っているお母さんとかを見ると子どもが泣くのは当たり前なんだからそんなに気を使わなくてもと思います。また、周りの人も厳しい目を向けてしまっているのは、周りを気にするのが当たり前と思っているからでしょう。

 また、周りの目を気にして人生の重要なことを決めたりする人も多いです。何歳までに結婚しないといけないとか、何歳で大学に行って、卒業して、社会人になってみたいなのが普通だとみたいのは他の先進諸国ではあまり聞かないですね。

シャイすぎる

 日本人ほどシャイな国民はいません。海外で色んな国の人達と話していると、必ず黙っているのは日本人です。英語ができるできないの問題ではありません。外国人は、下手な英語でも気にせずペラペラ喋りつづけます。

 日本人のシャイは、時に「嫌われているかもしれない」との印象を相手に与えます。私は結構人見知りなので、海外で新しい人と出会った時おとなしくしていると、「私のこと嫌いなの?」とよく聞かれてしまいます。

日本の常識は海外の非常識であることを知らない

 日本の常識は海外の非常識であることが本当に多いです。また、島国であまり外国人と接することがないため、そのことに無自覚です。

 外国人が日本人を礼賛するテレビ・書籍が増えていると聞き、ちょっと気持ち悪いなと思って悪いところをまとめてみました。日本は確かに素晴らしい国だと私も思いますが、悪いところもたくさんあります。謙虚な気持ちは忘れたくないものです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る