【旅女子・ミニマリストのお金】銀行口座・証券口座もミニマムに、使用銀行・使い分け・利用法を公開

 こんにちは。くるみ@tabijyoshi_comです。

 銀行はどこを使っていますか?使途不明の銀行口座・使ってない銀行口座はないでしょうか?

 銀行口座もミニマムに!くるみの銀行・証券口座とその利用方法をご紹介します。

 注意:金利や手数料は、2016年1月20日時点

メインバンク:楽天銀行

(1)普通預金

 楽天銀行JCBデビットカードを通して、普段の円での支払い・海外での高額なカード払いはすべてこの楽天銀行の口座で行っています。楽天証券口座を持っていれば普通預金金利が0.1%になのでメインバンクにしています。楽天証券も使いやすくなり、使う度に楽天ポイントも付きます。楽天ポイントはすべてANAマイルに移行して、航空券をゲットしています。

(2)積立定期預金

 毎月一定額定期預金口座に自動積立しています。その他、ボーナス時期など金利のキャンペーンをしている時に定期預金をするようにしています。

サブバンク:三菱東京UFJ銀行・新生銀行

(1)三菱東京UFJ銀行

 小規模企業共済・納税・年金の支払用に使っています(楽天銀行はこれらに使えないので泣)。 

(2)新生銀行

 パワーフレックス外貨定期預金を使って、ユーロとドルの定期預金を毎月しています。ユーロ(1年定期)の金利が0.1%(泣)、ドル(1年定期)は1.0%です。自動積立の方が金利がかなり悪いので、毎月タイミングを見計らって入金しています。

 アメリカやヨーロッパに行く際には、前月に満期になる分を外貨普通預金に移します。昨年新しくできた新生銀行の海外プリペイドカードのGAICA(Flex機能付き)を作ったので、GAICAを通じて現地で引き落としをしたりしようと考えています。外貨普通預金からプリペイドカードへのチャージ料金が3.5%かかるので、マネパカード(パートナーズFX提供の海外プリペイドカード)に比べると手数料が高いです。手数料よりも新生銀行の外貨口座を利用できるという利便性を選びました。

海外バンク:nab・ユニオンバンク(解約済)

(1)nab

  オーストラリアの3大銀行のうちの一つ。ワーキングホリデーの時に口座を作り、金利が高いのでそのまま貯蓄用に維持しています。1ヶ月に一度しか引き落とせない口座の金利が3.8%で毎月金利が支払われるので、お金が雪だるま式に増えていきます。円高の時を見計らって入金します。ただ、オーストラリアドルは変動が激しいので、リスク高めに考えています。

(2)ユニオンバンク(解約済)

  三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば口座を解説できるアメリカの地方銀行。アメリカで生活するのに便利(主に西海岸店舗がありますが、ニューヨークにも支店があります。)・米ドルの貯蓄用に作りました。残念なことに金利が0.01%と日本のメガバンクより低く(泣)、新生銀行の外貨預金を使い始めてたので解約しました。

証券口座:楽天証券

 証券口座は複数持つメリットはないと思うので一つだけ。取扱株・投資信託の種類が多く、楽天銀行を使っていると使い勝手が良いです。

 以上、くるみの銀行・証券会社とその使い分けでした。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る