全ての英語勉強者が発音を学ぶべき4つの理由

 こんにちは。くるみ@tabijyoshi_comです。

 英語の発音なんてどうでも良いと思っていませんか?

「発音なんて気にせずどんどん話すべき」とよく巷では言われています。これは正しいのでしょうか?

 確かに、発音を気にしすぎて全く話そうとしないのは良くないことです。しかし、英語の発音の勉強は、全ての英語学習者にとって必要不可欠です。

 今回は、その理由についてお話しします。

スポンサーリンク

1 カタカナ英語は通じないから

 まず一番の理由は、日本人の話すカタカナ英語は極めて通じにくいことです。カタカナ英語ですんなり理解してくれるのは日本人と相当話しなれているネイティブだけです。かなり簡単なことを言っても聞き返されます。

 特に、ノンネイティブの人にはカタカナ英語は相当きついです。私にはインド人の話す英語が聞き取れないことが多いです。独特の言い回しと不正確な発音が原因です。インド英語の難易度はかなり高く、ネイティブでも聞き取るのは難しいそうです。皆さんが英語を使う相手は、ネイティブとは限りません。ノンネイティブでも聞き取れる発音を身につける必要があります。

2 リスニングが楽になる

 「自分が発音できない音は聞き取れない」と巷では言われています。私の実感ではきちんと発音できてない音も聞き取れていた時期があったので、必ずしもこうとは言い切れないとは思います。でも、確実に発音ができるようになってからの方がリスニングが楽になりました。自分が発音できる音の方が遥かに聞き取りやすいのは確かです。

スポンサーリンク

3 カタカナ英語は長時間話せない

  カタカナ英語でずっと話し続けるってかなりしんどいです。最初に英語を話し出したときは、長時間話すと顔の筋肉痛になってました。テンポも悪いので自分で話しててストレスになるし、自分の言葉で話していない感覚があります。

 発音をきちんと勉強してから、無理に英語を話すのではなく、自分の言葉で話していると感じられるようになりました。テンポよく話せるので、長文を話してても違和感がないです。

4 正しい発音を身につけると自信がつく

 精神的な面なのですが、日本人には一番大事ではないかと思います。日本人は、やっぱり自分は話せないという思い込みが強くて、外国人と会話できず、スピーキングスキルも伸びないと言うことが多いです。発音をきちんと正せば、自分は英語を話せるんだと言う自信がつき、外国人と話すのにも抵抗がなくなると思います。

スポンサーリンク

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る